お客様の声

2017.11.12

回遊する家 I様

守山市古高町にお住いのI様ご家族

今回伺ったのは守山市古高町にお住いのI様ご家族。お父さん、お母さん、3人のお子様の賑やかなご家族です。

【お家を探されるきっかけ】

お家を探されるきっかけは、3人のお子様方が大きくなるにつれて現状のアパート住まいでは厳しくなってきたこと。ご主人様は転勤族の為、なかなかマイホーム探しになかなか踏みきれなかったそうですがいよいよ決心がつき、新築一戸建ての検討を開始。

探し始められてからはいろいろな不動産会社・建設会社を回られたそうですが、古高町の都会すぎず、田舎すぎずという環境が気に入られ購入を決意されました。立地はもちろん、営業の嶋路の対応が大きな決定要因だったと、うれしいお言葉をいただけました。

【住み心地はいかがですか?】

小学校も近く、お子様と同年代の家庭が多く安心してすごせるとのこと。車の通りも少ないので家の前の道路で、お子様たちが友達と遊ぶ光景を見ることができるそうです。

お気に入りはやっぱりリビング。「子供たちが遊べるスペースができて家族一緒にくつろげることが一番嬉しい。ウッドデッキ、ハンモック、DIYホワイトボードが落ち着いた雰囲気を演出して本当にくつろげる空間お家になりました」とのこと。

リビングに入って一番目に付くのが壁に固定された大きな“ハンモック”。これは学生の頃一時期タイに住んでおられた奥様が、いつか家を作るときは“ハンモック”をつけようという希望から。
熱帯のタイの農家などでは日中の暑さを避けるために、“ハンモック”で休むのが一般的でハンモックで休みを取る光景をよく目にしたそうです。

家事動線を考えて、キッチン、ユーティリティー、ウッドデッキ、リビングがつながり回遊できるようになっています。
お母さんにとって使い勝手がいいのはもちろん、お子様たちにとってはワクワクする空間、現在は小さなお子様たちが元気に走りまわる光景が見られます。

【ウッドデッキ】

奥様のお父様が車いすの為、出入りのために階段状に段差を設けてあります。スロープで登ろうとすると現在のスペースの6倍もの距離が必要になるためこのように。実家の建て替えの際にこのような仕様にしていたことを思い出し、設計士に相談したところこのような形になったそう。

晴れた日は娘のみはるちゃんのステージに。リビングから窓越しに踊ったり歌ったりする姿が見られるそうです。

【ユーテリティー】

家事はもちろん、現在は長男の健君の工作スペースに、まだ小さい他のお子様たちに邪魔されないスペースです。
ユーティリティーの小窓からはLDKの様子を見ることができます。

【当社スタッフの対応はいかがでしたか?】

営業担当の嶋路はもちろん、他のスタッフも皆アットホームで親切で相談しやすかったとのこと。特にICの中原は話しやすくて、打ち合わせ中にも子供に目を配ってもらってスムーズに打ち合わせを進めることができたそうです。

【当社に最も望まれること】

今住んでいる場所の周囲のお店情報や高栄ホームのイベント、新規分譲地情報など、今後も高栄ホームとの情報共有を求める、ありがたいお言葉をいただき取材終了。
今後とも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

私たちの住んでいる街はこんな街です。
▶︎ バードタウンサイトへ


【担当スタッフより】

この度はご縁をいただき、誠にありがとうございます。
ご家族皆さまとても仲が良く、お会いするたびにお子様にも癒されていました。今後とも末永くよろしくお願いいたします。