SMILE KOUEI通信

2019.07.19

甘味cafe ひかり「しろくまフラッペ 果物全部乗せ&アイス&あんこ」

ミルクの甘みと果物の酸味がとけ合うかき氷

 まるで雪山のようなボリューム感あふれるかき氷の名は「しろくまフラッペ 果物全部乗せ&アイス&あんこ」(1,100円)。とろ~り練乳がかった高さ約20cmの氷のタワーには、いちご、マンゴー、パイナップル、キウイフルーツなどのフローズンフルーツが散りばめられ、どこから食べ始めていいのか迷うほど。思い切ってひとさじすくって頬張れば、ふわりとした氷の食感とミルクの甘み、フルーツの酸味が口いっぱいに広がります。

 この冷たいスイーツが味わえるのは、2018年にオープンした「ラーメンダイニング耀(ひかり)」。普段はラーメン店ですが、13~18時の間だけ、フルーツや野菜の自家製シロップを使ったか
き氷などが味わえる「甘味cafe ひかり」に変わります。カフェタイムのメニューには、鹿児島の夏の名物として知られる「しろくま」をイメージした「しろくまフラッペ」が6種類。中でも8種のフルーツがかき氷にのった「果物全部乗せ&アイス&あんこ」は、華やかな見た目とどこか昔懐かしい素朴な味わいで人気を集めます。

 地元製氷店から仕入れた氷で作られる「しろくまフラッペ」の中心には、ニュージーランド産のバニラアイスがたっぷり。「半分ほど食べ進めたら、ピンクソルトをかけて味変するのがおすすめです」と教えてくれたのは「甘味cafe ひかり」のオーナーで、野菜ソムリエである田口小百合さん。氷やフルーツ、練乳&あんこの濃厚な味の後は、バニラアイスと氷、岩塩の塩味がとけ合うさっぱり味が堪能できるので、大ボリュームながら飽きずに最後まで楽しめます。


11〜13時、18〜21時は、丸鶏を使ったスープが自慢のラーメンが味わえる


蜜に漬け込んだカラフルなトマトが目を引く「野菜のパフェ とまと」(950円)は、意外なおいしさ


大津赤十字病院の向かい側に佇む小さなお店

<営業データ>
住所/大津市札の辻4-16 シブヤビル1F



電話/077-527-7272
営業時間/13:00~18:00
定休日/月・木曜、不定休
駐車場/1台