SMILE KOUEI通信

2019.07.05

明治時代の産業遺産で水遊び

小さな子どもでも安心して遊べる
「オランダ堰堤」


暑い日は特に大勢の人で賑わいを見せる

 令和になって初めての夏がもうすぐ到来。夏休みを目前にして、ウキウキとした気分で過ごしている子どもたちも多いはず。今年も厳しい暑さがやってくると予想されていますが、そんな暑い時のお出かけこそ、水遊びがおすすめです。
 県内には湖水浴場や川遊びができるスポットが数多くありますが、毎年家族連れで賑わいを見せるのが、草津川の上流に位置する「オランダ堰堤(えんてい)」です。冷たい川の水が流れ込む堰堤付近は、比較的浅い水場が多いので、小さなお子さんでも安心して水遊びを楽しむことができます。特に細かなルールなどは設けられていませんが、堰堤の上から飛び降りたり、ほかの人たちの迷惑になる行為はNG。また一帯は火気厳禁のため、バーベキューなどをすることはできません。近くにはトイレも完備されています。
 日本の産業遺産300選に選ばれ、県指定の有形文化財、大津市指定の史跡にもなっているこのスポットは、1889(明治22)年にオランダ人技師ヨハネス・デ・レーケの指導で造られた砂防堰堤。百数十年前に築かれたとは思えないほどしっかりした石組みが周りの自然に溶け込んで残っているので、建築に興味がある人は一見の価値があります。
 また、近江湖南アルプス自然休養林の中にあるため、水遊び以外でもハイキングや森林浴、史跡巡りなども可能。近くにはキャンプ場もあるので、バーベキューを楽しむこともできます。
 大津市街から車で約30分と、気軽に遊びに行ける距離なのもうれしい「オランダ堰堤」。週末や夏休みに、子どもたちを連れて水遊びにお出かけしてみて。
(写真提供:林野庁 滋賀森林管理署)


堰堤付近は浅めの水場が多い


オランダ人技師ヨハネス・デ・レーケの銅像も建つ

[データ]
草津川桐生堰堤(オランダ堰堤)
住所/大津市上田上桐生町 一丈野国有林「近江湖南アルプス自然休養林」内



利用可能日時/年中24時間
入園料/無料
駐車場/100台(普通車700円。
駐車料金徴収期間/7月下旬~11月30日。4月1日~7月下旬までは土・日曜・祝日のみ、12~3月は無料 ※森林環境整備協力金として徴収
問い合わせ/077-544-3871(滋賀森林管理署)

「オランダ堰堤」のHPは▶ こちら