SMILE KOUEI通信

2019.03.15

茶菓 山川「生どらやき」

“赤い宝石”がたっぷり入った極上どらやき

 びわ湖浜大津駅のほど近く、レトロな風景が残る長等商店街に佇む和菓子店・茶菓 山川。餅やあんこなど素材にこだわった生菓子が並ぶ中で、特に人気なのが「生どらやき」(540~600円)。2層のクリームが入ったフォルムがかわいらしい和菓子です。 

 一般的などらやきとは違い、パンケーキのようなカステラ生地の間に、あんこに代わる小豆クリームがたっぷり入っています。ボリューム感があって柔らかいため、イートインスペースではケーキを食べるようにナイフとフォークを使っていただきます。
 小豆や抹茶を練り込んだふわっと軽い口溶けのクリームの中には、つぶあんとわらび餅がゴロリと入っている遊び心溢れる仕掛けが。「ただ食べるだけでなく、驚きと楽しみも味わってほしいです」と店主の山川誠さん。
 
 ツヤツヤとした大きな実が特徴で、一粒一粒のホクホク感が楽しめる小豆は、自家栽培したもの。自分で栽培した小豆で和菓子を作りたいという夢を叶えるため、元々農業を営んでいた奥様と一緒に挑戦したそう。山川さんは「赤い宝石」と呼び、丹精込めて育てています。

 季節によっては、生クリームの中にアドベリーを使ったゼリーやイチゴを忍ばせたり、生クリームをチョコレートクリームに変えたりするそう。
 生どらやきのほかにも、本わらび粉を使った「わらびもち」(500円)や、比良の湧水のみで作られた「水もち」(500円・きな粉と黒蜜付き、通年メニュー)なども。夫婦二人三脚で作りあげる極上の和菓子を食べてみて。


木の温もりが感じられる店内には、4席のイートインスペースが


桜・よもぎ・こしあんで、花・葉っぱ・大地をイメージした、お花見にぴったりの「花見団子」(300円)


びわ湖浜大津駅から西側にある商店街の中、木の看板が目印

<営業データ>
住所/大津市長等2丁目10-5

電話/077-527-0088
営業時間/10:00~18:00
定休日/月~水曜、第1・3日曜
駐車場/なし

茶菓 山川のFacebookは ▶ こちら