SMILE KOUEI通信

2019.03.01

甘くておいしい“いちごの水族館”

琵琶湖ホテルで味わう90分間の至福
「Sweets Buffet ~Strawberry Aquarium~」


食べるのがもったいないほどのいちごスイーツが勢揃い

 梅の花も咲き誇り、春の訪れを感じるようになってきました。冬から春に向かうこの季節に旬を迎えるものといえば、子どもから大人までみんなが大好きな「いちご」です。
 現在、琵琶湖ホテル・京都タワーホテル。京都センチュリーホテルの3ホテルでは、「テーマパーク」をコンセプトに、生のいちごはもちろん、いちごをふんだんに使ったスイーツが心おきなく食べられるストロベリースイーツビュッフェを開催しています。
 琵琶湖ホテルで行われている「Sweets Buffet ~Strawberry Aquarium~」のテーマはアクアリウム。いちごの魅力を存分に堪能できるスイーツが、ピンク・グリーン・ブルーを基調にした3つのエリアに分かれて展開されています。
 浅瀬のサンゴ礁をイメージした「色鮮やかなピンクのサンゴ礁エリア」では、口当たりのいい「いちごのショートケーキ」、気泡をイメージした「いちごのマカロン」など、心ときめくかわいいスイーツが勢揃い。
 サンゴ礁を抜けたところに広がるのは、木々が茂る離島をイメージした「ネイチャーアクアリウムの世界」。ピスタチオアーモンドクリームと抹茶のカスタードが織りなす「いちごタルト」、抹茶生地でいちごムースをサンドした「ガトーセリカ」など、グリーンがポイントのスイーツが並びます。
 最後は、海の生き物をイメージしたスイーツが出迎えてくれる「大海原が舞台のファンタジーストーリー」。お姫さまの装飾が目を引く「いちごのポンパドール」、彩り鮮やかな「いちごのシフォン」など、見ているだけで幸せになるようなスイーツが味わえます。
 また、ビュッフェの最初は、ウェルカムスイーツとして「いちごの玉手箱」が運ばれてきます。温かいホワイトミルクソースを注ぐと、グラスの上のホワイトチョコレートが溶けて完成。毎日1名に「アタリ」が隠されていて、プレゼントが当たるかも!?
 ビジューやパールといった、SNS映えを意識した装飾もふんだんに使われているスイーツビュッフェ。家族や友達、恋人などと一緒に、思う存分いちごスイーツを頬張って。


ウェルカムスイーツの「いちごの玉手箱」


春らしい華やかな「色鮮やかなピンクのサンゴ礁エリア」


グリーンがアクセントの「ネイチャーアクアリウムの世界」


見ているだけで楽しくなる「大海原が舞台のファンタジーストーリー」

[データ]
琵琶湖ホテル「Strawberry Aquarium」
住所/大津市浜町2-40



開催日/開催中~2019年5月6日(休・月)までの全日開催
開催時間/15:30~17:00(90分制)
料金/大人3,900円、7~12歳2,000円、4~6歳1,000円(※前日15:00までの予約制)
駐車場/155台
問い合わせ/077-524-1225(琵琶湖ホテル レストラン予約/9:00~19:00)

琵琶湖ホテル「Strawberry Aquarium」のHPは▶ こちら