社長ブログ

2016.08.06

四半期をふりかえって

早いもので今年も8月を迎えました。
26期も四半期が過ぎ、一つの節目となる季節です。

弊社では3か月に一度、部署ごとに「飲みにケーション」を行っております。
「飲みにケーション」の目的は部門内のコミュニケーションや個人のモチベーションアップを図ることですが、私にとっては社員たちの仕事やプライベートの話を聞ける貴重な機会でもあります。

こうした社員一人一人とのコミュニケーションも大切にしていきたいものです。

今期はこれまでとは異なる新しい取り組みを行っています。
その一つが7月23日にオープンした新しいモデルハウス「BinO」です。

こちらのモデルハウスは空間を大胆に活用した4層構造のスキップフロアが特長です。

現在弊社の住宅展示場ではBinOを含め4棟のモデルハウスを公開しておりますが、
このように尖った特長を持つモデルハウスを建てるのは初めての経験でした。
今までにないモデルハウスではありますが、今後間違いなくご支持頂けると思っております。

7月の25日、本社にて喜田研のスピーチ研修を行いました。
今回の研修は喜田寛氏ご本人が講師として来てくださり
新卒社員を中心にアドバイスを頂きました。

頂いたアドバイスを真摯に受け止め、今後の成長の糧としてくれることを願っています。

プライベートでは、7月8日に母の誕生日を迎え、家族と食事に行ってまいりました。
今年は石山の「きなり」というお店で「ハモのしゃぶしゃぶ」を味わいました。

母は今年で83歳。こうして共に記念日を祝えることに、ただ感謝の思いです。