私たちの仲間を紹介します。

住生活の価値が高まれば、暮らしの質も高まります。総合不動産企業である高栄ホームでは、社員一人一人がお客様の住まいづくりに深くかかわり、笑顔をプロデュースしていく仕事をしています。また、宅地開発から新規分譲販売までを一体的に手掛けることで、「バードタウン」という新たな街が生まれ、その名が地図に載る仕事に結び付いているということに大きな責任と喜びを感じています。そして、お客様の夢を仕事を通じて実現していくことに大きな誇りとやりがいが持てる職場です。

お客様によろこんでいただけるよう 自分なりに駆動し続ける毎日

AMI AOSHIMA

営業部 注文住宅課 営業青島 亜未

学生時代の過ごし方

中学生のころからずっと部活動やサークル、ボランティアなどに参加していました。じっとしているよりは行動していることのほうが好きです。
大学は建築学科で、図面や模型を作っていました。他、古民家改修や学生バーを滋賀県の豊郷町という町の中で行いました。そのおかげで様々な年代の方と関わる機会が多くて楽しかったです!
そういった経験から勉強したことを生かしつつ営業がしたいと思い、営業設計を志望して今があります。

高栄ホームを選んだ理由は?

会社説明会の雰囲気が良かったことや、本社が滋賀であることなど色々と理由はあるのですが、一番大きな理由は「社長の人柄に惹かれたから」です。
会社説明会で、社長が気さくに話しかけてくださり、「おいでよ」と言ってくださったのがすごくうれしかったのを今でも覚えています。

お客様によろこんでいただけるよう 自分なりに駆動し続ける毎日

シゴトで一番楽しかったこと

私は営業設計をしているのですが、「お客様の要望が間取りとして形になった時」です。
学生の時の設計演習と違い、お客様の希望、予算、構造、法律など、「実際に建てる」となると色々考えることがあります。最初はそれがとても難しかったです。希望を聞いて、間取りとして形にできて、喜んで頂き、実際に建つのを見るのはとても楽しいです。

入社後身についたスキル

社会人としての礼節やマナーはもちろん、「気付く」スキルが向上したと思っています。
お客様の要望に「気付く」、図面の間違いに「気付く」、上司が必要としていることに「気付く」。何事にも気づけないと提案も行動もできないことを知り、意識するようにしています。

AMI AOSHIMA

休日の過ごし方

旅行やお酒が好きなので、基本出かけていることが多いです(笑)資格等の勉強をする日もあります。
遊ぶ日は遊ぶ、勉強する日は勉強する!とメリハリをつけることで、ダラダラせず何事にも全力で取り組めるようには意識しています!

今後の目標

営業として契約目標を達成すること。あとは、お客様満足アンケートNO、1を目指します!
そのために、どのように住宅をご提案するのか?どうすれば伝わるのか、ご満足いただけるのか?
お客様に喜んでいただけるように、自分なりに考えて行動していけるように今後も日々勉強、精進します。