私たちの仲間を紹介します。

住生活の価値が高まれば、暮らしの質も高まります。総合不動産企業である高栄ホームでは、社員一人一人がお客様の住まいづくりに深くかかわり、笑顔をプロデュースしていく仕事をしています。また、宅地開発から新規分譲販売までを一体的に手掛けることで、「バードタウン」という新たな街が生まれ、その名が地図に載る仕事に結び付いているということに大きな責任と喜びを感じています。そして、お客様の夢を仕事を通じて実現していくことに大きな誇りとやりがいが持てる職場です。

自分自身の成長を求めて

MASASHI KOMATSUBARA

分譲住宅部 営業/2016年入社小松原 正志

学生時代の過ごし方

中学校、高校とおとなしかったですが大学生は超アクティブで一人旅都道府県全国制覇を目指していました。
折りたたみ自転車を電車に乗せて青春18切符を使っていろんな人に出会ったり見たことのないものに出会う旅をしていました。
あと、大学自体も特殊で夏はサークル仲間と毎日のように海に潜って魚を捕まえて飼育したり浜でそのまま鍋にしたりと、とにかく大学生は時間があるので社会人になってできない事をひたすらやってました。

高栄ホームを選んだ理由は?

滋賀県にした理由は一人旅で訪れた時に琵琶湖に感動したということもありますが、一番は人口増加しているということでした。
滋賀県は京都、大阪のベッドタウンとして人口増加していますので、そこで営んでいる不動産会社なら将来性があるだろうなと思いました。
その中でも高栄ホームは研修や福利厚生が充実しており、ここなら自分が成長できると思い決めました。

お客様に携わり 寄り添って

シゴトで一番楽しかったこと

仕事で一番楽しいのはお客様にご成約頂く瞬間です。
不動産は、高価な買い物なので一件一件の重みが大きいです。
一件の為にかける労力が非常に多くその中多くのお客様に携わる事はとても大変ですが、その分お客様に寄り添って自分から買いたいとお客様から言ってもらえると自分の努力が認められた気分になりますし、このために仕事をしているんだなーと思います。

入社後身についたスキル

スキルとしては大変多くのことが身に付きましたが、特にトーク力が身に付きました。
僕はもともと全く人と喋る人間ではなく、喋れるようになりたいと思い営業職に就きました。最初はとても大変でしたが少しずつ喋れるようになっていき、成長を実感しながら仕事ができていることがとてもうれしく思います。

MASASHI KOMATSUBARA

休日の過ごし方

インドアとアウトドア両方大好きで、インドアならネットサーフィンやDVD鑑賞、音楽鑑賞が多いです。アウトドアならドライブや釣り、温泉に行くことが多いです。
とにかく自分の知らないところに行くことが好きですね。

今後の目標

まずは今年の宅建試験に合格することです。
この仕事を続けていくにあたっては必須になっていくので計画的に勉強して取得したいです。
そこから契約目標をコンスタントに達成できる営業マンになりたいと思っています。

エントリーはマイナビ2020より

エントリー