私たちの仲間を紹介します。

住生活の価値が高まれば、暮らしの質も高まります。総合不動産企業である高栄ホームでは、社員一人一人がお客様の住まいづくりに深くかかわり、笑顔をプロデュースしていく仕事をしています。また、宅地開発から新規分譲販売までを一体的に手掛けることで、「バードタウン」という新たな街が生まれ、その名が地図に載る仕事に結び付いているということに大きな責任と喜びを感じています。そして、お客様の夢を仕事を通じて実現していくことに大きな誇りとやりがいが持てる職場です。

会社選びの決め手は『人』でした

YUSAKU ITOU

注文住宅部 営業/2015年入社井藤 優作

学生時代の過ごし方

小学から大学まで、様々なスポーツを経験してきました。野球、水泳、バスケ、サッカー、テニスなど、、、今振り返れば、部活や遊びばかりで勉強は全然です。(笑)
大学に入学後は、お酒が好きで飲み会をよく開いていました。多いときは、1週間に8回飲み会をしたことも、、、(笑)

高栄ホームを選んだ理由は?

私の会社選びの決め手は『人』でした。
学生の頃は、たくさんの会社説明会や、イベントに参加しましたが、高栄ホームの会社説明会時の待ち時間にスタッフと社長が本当に楽しそうにお話していたのが印象的で、
本当に社員間の雰囲気が良いなと感じ、入社することを決めました。
入社してもその印象は変わらず、社内行事(ボーリング大会や運動会など)があるのも高栄ホームの特徴ですね。

管理職めざして、日々奮闘の連続。

シゴトで一番楽しかったこと

私は住宅の営業をしているのですが、一番嬉しかったのは、建物が完成して引渡をするときに、お客様から『井藤君が担当で良かった。ありがとう』と言われたことです。営業としてこれ以上の嬉しいお言葉はないですね。(照)

入社後身についたスキル

たくさんありますが、住宅の設計営業をしていることで、たくさんの設計・営業の専門的な知識が身に付きました。
また、お客様と直接お話することが多いので、言葉遣いや礼儀作法を学びました。学生時代の友人と久々に会うと『大人になったな』とよく言われます。(笑)

ITOU YUSAKU

休日の過ごし方

今は勉強中です(笑)
私は食べることが大好きで、休日には車で県外まで行きランチを食べたり、観光したりと、今思うと結構外出が多いですね。
最近は、お酒を飲むことが減りましたが、また先輩や後輩を集めて飲み会を開きたいですね。(笑)

今後の目標

高栄ホームは若手でもチャンスがあり、様々な業務を1年目からさせて頂きます。
私も今年4年目になりますので、主任(管理職)を目指して部の数字や個人の数字に向き合い中です。
個人的ではありますが、二級建築士の資格を取ることも目標の1つです。

エントリーはマイナビ2021より

エントリー